ヘッダー

大阪市の記事

先月来られた患者さんの件です。

青信号で横断歩道を自転車で渡っていたところ、突然左折してきたトラックに衝突され転倒しました。

自転車のタイヤはトラックに踏まれ変形して乗れなくなりました。

トラックがすぐに止まったのでまだ良かったのですが、

それでも転倒したことで体が痛くなり、腰痛首痛足首痛が発生。

すぐにその場から飯田鍼灸整骨院に電話がありました。

警察を呼んで現場検証をした後すぐに飯田鍼灸整骨院に来られました。

梅田在籍の交通事故治療アドバイザーが対応して、

飯田鍼灸整骨院では治療を行い、提携している病院に紹介状を出しました。

保険会社にも連絡をして無事に治療がスタートしました。

交通事故はいつ発生するか分かりません。

飯田鍼灸整骨院は患者さんの一番の味方です。

安心して通院してください。

飯田鍼灸整骨院、梅田院・西梅田院

先月来られた交通事故の患者さんの件です。

山道を少しスピードを出して走行していたところ、ハンドル操作を誤り、ガードレールにぶつかり交通事故になりました。

この場合は、相手はいませんので自損事故になります。

すぐに当院に電話がありました。腰痛と首痛と右肩痛が発生しています。

当院の交通事故治療アドバイザーが対応しました。

交通事故扱いとして保険会社と交渉して治療費ゼロで通院出来るようになりました。

どんなことでも飯田鍼灸整骨院にご連絡下さい。

平日は夜9時まで受け付けしています。

安心して通院が出来るように対応しています。

飯田鍼灸整骨院、梅田院・西梅田院

先日来られた交通事故の患者さんの件です。

赤信号で車を止めていたところ、後ろから追突されました。むち打ちになりました。

この場合の事故の責任は100%後ろからの追突事故を起こした車にあります。

本人はその後、腰痛と首痛が発生。

当院で治療を始めました。

飯田鍼灸整骨院の梅田では、交通事故治療を得意としています。

いつでもご連絡ください。

飯田鍼灸整骨院、梅田院・西梅田院

飯田鍼灸整骨院では交通事故治療を行っています。

大阪市におられる方は、飯田鍼灸整骨院の3号店・梅田院にお越しください。

飯田鍼灸整骨院では交通事故治療を得意としているばかりではなく、

まだ痛いのに保険会社から言われる「打ち切り」に対して対策を立てています。

交通事故治療では、治療=治すだけでは、ダメなんです。

保険会社からのプレッシャーをどうするか?慰謝料はどうなっているのか?

後遺症認定とは何のことか?そもそも交通事故治療の終わりとは何か?等々

総合的にフォローしないといけません。

飯田鍼灸整骨院では全店舗で蓄積したノウハウと、提携する行政書士・弁護士で

しっかりと患者さんを守ります。無料相談会も随時しています。

患者さんがこれ以上、損をされませんように頑張っています。一度、ご来院ください。

西宮市をバイクで走行中に、
右車線を走行していた前方の車が、
急に左車線の自分の前に入って来ました。
そこで、慌ててブレーキをかけたところ、
ロックがかかりスリップして転倒し滑っていき、
その車の後方に衝突して負傷した
交通事故がありました。

当初、その車の人は責任を認めませんでしたが、
そもそもスリップをする状況にした原因等を強く
主張するようにアドバイスをしたところ、

最終的には、責任を認め、先方の損害保険で
交通事故治療が出来るようになりました。

飯田鍼灸整骨院では、
一人ひとりの患者さんが損にならないように
全力で対応していきます。
飯田鍼灸整骨院に交通事故治療はお任せください。
芦屋市の路上を単車を走行中に右前方を走っていた車が
方向指示器を出さずに左折してきたので、
巻き込まれて転倒して、全身を負傷。
交通事故になりました。
当初から膝痛も訴えられていました。
当方から半月板の損傷の疑いがあり、
レントゲンだけでなくMRIもすすめました。
結果は半月板の断裂でした。
最初の段階でけがの状況を的確に把握することが大切です。
長年のカンと経験が患者さんへの確かなアドバイスにつながります。
交通事故治療は
飯田鍼灸整骨院にお任せください。
神戸市の東灘区で自転車を乗っていた時に
交差点で右側から
車が来たので停止したところ、
その車も停止したため、安全と思い
自転車をこぎ出したら、
その車も発進して、衝突し転倒。交通事故になりました。
全身けがをしました。

でも飯田鍼灸整骨院で交通事故治療を
行い大変よくなりました。
良かったです。
車が止まってもこのような交通事故もありますので
安心しないでくださいね。
神戸市内の片道2車線の道で左車線を単車で運転中に、
前方のタクシーが突然左に止まったので、
タクシーを避けるために車線内で少し右に寄ったところ、
(右車線に入っていなかったのに)
右車線の車が逆に左車線に入ってきて、接触して転倒。
交通事故が起こりました。
運が悪く、接触した車の人が、当初非を認めず。
当方からいろいろと保険会社等に連絡をして、
先方が悪いことを認めさせ、先方の損害保険で
交通事故治療が出来るようになりました。

加害者には非常識な人もいますので、
我慢せずに、
なんでも飯田鍼灸整骨院にご相談ください。

交通事故には、大きく分けて、人身事故と物損事故の2つに区分されます。
通常の治療では、人身事故扱いになっていることが、前提且つ必要です。
ところが、始めの段階で、交通事故直後で、気が張っていて痛みが出ていない時に、警察の方に「怪我は無いか?」と、聞かれて、「大丈夫です。」と答えた為に、「物損事故」扱いになってしまい、後でもめる場合があります。
当院では、患者さんの立場に立っていろいろとアドレスを行っております。
何でもいつでもお困りのことは当院までご相談ください。

交通事故になって、腰や首は痛いけど、忙しくて治療に行けない、地元の院に行ったらもう終わっていた、という方はおられませんか?そんな方に朗報です。

当院の梅田院では、平日朝10時30分から夜9時まで、昼休診無しでずっと開院しています。

会社の昼休みだけでなく、仕事の合間や外回り、銀行回りなどの時間にお寄りください。昼間は原則お待たせ致しません。

また、夜は9時まで開院していますので少しの残業でしたら大丈夫です。

梅田院10人の元気一杯のスタッフがお待ちしています。

飯田鍼灸整骨院大阪市梅田、梅田院