ヘッダー

2011年 11月

交通事故には、大きく分けて、人身事故と物損事故の2つに区分されます。
通常の治療では、人身事故扱いになっていることが、前提且つ必要です。
ところが、始めの段階で、交通事故直後で、気が張っていて痛みが出ていない時に、警察の方に「怪我は無いか?」と、聞かれて、「大丈夫です。」と答えた為に、「物損事故」扱いになってしまい、後でもめる場合があります。
当院では、患者さんの立場に立っていろいろとアドレスを行っております。
何でもいつでもお困りのことは当院までご相談ください。

交通事故の治療の方のみ限定で、神戸市東灘区甲南山手セルバ内にある本店では、夜9時まで受付をしています。
当院に来られている交通事故の患者さんからの強いご希望と、そして、患者さんの痛みや違和感を1日も早く取りたいという思いもあり、開院時間を長くしました。
2号店の甲子園口では通常通り夜7時までです。
3号店の梅田院はもともと夜9時までやっています。
交通事故の治療に、便利な当院が選ばれるのもお解かりだと思います。

当院に来られた患者さんのほとんどが転院の方です。
交通事故治療では、電気や、首や腰の牽引、シップや薬だけで治る方もおられます。
しかし、それだけでは、全然良くならない、むしろ、だんだん悪くなってきたという方もおられます。
当院では、そのような方々の受け皿としても、日々頑張っています。
どんなことでも、一度、当院までご相談ください。

交通事故では、全く当たってなくても、交通事故に認定される場合があります。
当院に来られた患者さんでは、雨の日にバイクに乗っていて転倒して交通事故に認定されました。

そのケースでは、バイクで走っていたところ、急に前方左側の車庫から車が飛び出して来て、進行方向の道をふさぎました。
車に当たらないように急ブレーキをかけたところ、滑って転倒。その車の前で止まりました。
車の運転手は私は悪くないと主張しましたが、ありがたいことにたまたま警察官が近くにいて、一部始終を見ており、その結果、すぐに車が原因の交通事故に認定してもらいました。このように交通事故では、いろいろなケースがあります。
どんな小さいことでもいつでもご相談ください。

高速道路を走行中に渋滞が始まり、スピードをさげたところ、後ろから追突され、前の自動車に弾みで追突された方が来られました。この場合の交通事故では、2回も衝撃を受けています。
運転をしていた女性は他院から転院して来られました時、変頭痛が激しく、仕事が出来ないぐらいになっていました。
当院では、関節の痛みだけでなく、頭痛も早く無くなるように治療を開始。間もなく、頭痛が取れ、また、関節などの痛みも取れて完治しました。
患者さんの痛みや違和感を一日でも早く取るように、当院では日々頑張っています。

ファミリーレストランで食事を終えて、自動車に乗って帰宅しようとした時に、なんと、ファミリーレストランの駐車場内で、地面から出ているポールに衝突して自動車が故障し動かなくなりました。
運転していた女性もその衝撃でむち打ちや腰痛などが発生。当院にてしっかり治療を行い、間もなく完治しました。
保険によっては、自損事故の治療も出来る場合があります。
諦めないで一度当院までご相談ください。

神戸市中央区三宮町センター街・元町・むち打ち治療

飯田鍼灸整骨院

最近、びっくりするようなことを患者さんから聞きました。
その方は、赤信号で、自動車を止めて待っていたところ、後ろから自動車に追突されました。後ろの自動車から降りて来たサングラスの女性と少し話をして道の真ん中では迷惑になるので、前方に見えていた、警察の交番まで移動することになりました。患者さんが自動車に乗り交番に向かったところ、なんと、その後ろの自動車は急に逃げ去ったとのこと。警察に言っても分からずじまい。
こんなこともあるのですね。
悪い人もいますので、相手の自動車のナンバーは最低控えるようにしてください。

神戸市中央区三宮町センター街・元町・むち打ち治療

飯田鍼灸整骨院

通常、病院での検査の後で、病院から診断書がもらえます。警察にも提出しないといけませんので、コピーを取っておきます。
治療では、その診断書に基づいて行われてます。
よくあるのは、怪我をした体の場所(これを部位と言います)が全部書かれていないことです。
その場合、後で保険会社と、もめることがありますので、よく見ておいてください。
漏れている部位は、再度病院に行って書き治してもらいます。
面倒くさがらず、後で非常に大切になりますので、頑張ってください。
当院では、患者さんの立場に立っていつもアドバイスさせて頂きますのでご安心下さい。

神戸市中央区三宮町センター街・元町・むち打ち治療

飯田鍼灸整骨院